ヒップポップと言った言葉(頻繁に口にしているものによって、現実が変わるとかいわれることもあります)、今ではあたりまえのように聞かれていますね。ヒップホップは1970年代初頭(日本では、脳の死が人間としての死だと定義されていますよね)に、アメリカのニューヨークのサウス・ブロンクス地区のブロックパーティから生まれた文化(時代の流れに伴って廃れていってしまうこともあります)です。けれど、日本で言う「ヒップポップ」と言う言葉はちょっと異なり、ヒップホップ(更年期障害の改善効果やダイエット効果などが期待されています)とJ−POPの言葉から組み合わされて出来た音楽(複?の音を組み合わせて感情などを表現したものをいいます)ジャンルの造語として認識されているのです。そして、日本においての「ヒップホップダンス」は、このヒップホップミュージックに合わせて踊るダンス(体の柔軟性や体力なども必要となります)のことを言うんです。つまり、ヒップホップ(アサ科の多年草でビールの原料として有名です)ダンス(体の柔軟性や体力なども必要となります)は上記の音楽、ヒップホップ(エストロゲン様作用によって、睡眠時間延長作用や鎮静作用があるという説もあります)と同時になって発達してきたダンス(色々な踊り方があり、難易度もそれぞれ畭なるでしょう)なんです。ヒップポップダンス(映画の影響で習い始めたという中高年も多いようです)におけるダンススタイルは、ブレイキング、ロッキング、ポッピング、クランピングの4つに分かれています。日本で、ヒップホップダンスを一躍有名にしたのが、1983年の映画「フラッシュダンス(色々な踊り方があり、難易度もそれぞれ畭なるでしょう)」です。この映画(近頃は、3Dの作品が流行していますね)は、ヒップホップダンスをメインテーマ(一見しただけではわかりにくい作品も少なくありません)にした映画(最近では、フィルムではなく、デジタルのものが増えました)ではないものですでした。でも、路上でブレイキングやポッピングを行うお子様達が登場するシーンがあって、そのシーンに衝撃を受けてブレイクダンス(身体能力だけでなく、リズム感なども問われますね)を始める若者たちが急増したようですね。ヒップポップダンスには、他のダンス(身体能力だけでなく、リズム感なども問われますね)にあるような決まりがないだと言えるのです。いろいろなジャンルのダンス(映画の影響で習い始めたという中高年も多いようです)の要素を取り入れた自由に踊る事が出来るダンス(色々な踊り方があり、難易度もそれぞれ畭なるでしょう)といわれているんですね。その為に、今後も時代の流れによって、そのスタイルが大きく変化していくと呼ねれているんですー